ステロイド糖尿病 ナラシノ動物愛護病院毒殺被害報告

アクセスカウンタ

zoom RSS 裁判のニュース

<<   作成日時 : 2014/08/27 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

紳助さんと吉本興業の敗訴確定 週刊誌の記事めぐる訴訟
朝日新聞デジタル 8月27日(水)19時27分配信

 元タレントの島田紳助さんと吉本興業(大阪市)が「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の講談社側に損害賠償などを求めた訴訟で、島田さんと吉本興業の敗訴とした二審・東京高裁判決が確定した。最高裁第三小法廷(大谷剛彦裁判長)が26日付の決定で上告を退けた。

 問題になったのは2011年10月15日号の記事で、島田さんの不動産取引をめぐる会合に、「暴力団幹部が同席していた」などと報じた。12年10月の一審・東京地裁は「社会的評価を低下させた」として、講談社側に対し、吉本興業に110万円を支払うよう命じたが、昨年7月の二審判決はこれを取り消し、吉本興業の敗訴とした。島田さんの訴えについては、一、二審とも請求を棄却していた。
.朝日新聞社




「過酷労働」記事でユニクロ側が全面敗訴
2013.10.18 19:54 [企業・経済事件]
 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングなど2社が、過酷な労働について書いた週刊文春の記事や単行本で名誉を傷つけられたとして、文芸春秋に損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は18日、請求を全て退けた。

 土田昭彦裁判長は「『月300時間以上、働いている』と本で証言した店長の話の信用性は高く、国内店に関する重要な部分は真実」と指摘。「中国工場についても現地取材などから真実と判断した理由がある」と指摘した。

 問題となったのは、ジャーナリストの横田増生さんが執筆した週刊文春平成22年5月6、13日号と書籍「ユニクロ帝国の光と影」で、国内店の店長や、中国の工場従業員が過酷な労働をさせられている、という内容だった。





記事の内容が事実ですので名誉棄損とはならず、ユニクロは敗訴になりました。





私の愛猫の記事やその他の記事は全て実際に起きた事を書いています。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
裁判のニュース ステロイド糖尿病 ナラシノ動物愛護病院毒殺被害報告/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる